リアフットヴェールで本当に水虫が消えるのか効果を徹底調査!

リアフットヴェールで本当に水虫が消えるのか効果を徹底調査!

お医者さんにみてもらうのも何となく恥ずかしい水虫を、自宅でコッソリ手軽に治療出来るという水虫薬、クリアフットヴェール。手軽に治療が出来るのなら、こんなに楽なことはありませんが、果たして本当にどんな水虫でも消す事が出来るのでしょうか?口コミや成分等から、水虫に効果があるのかどうかを徹底調査致します!

 

■水虫の仕組みをおさらい!

 

なぜ水虫という現象が起きるのかご存知ですか?
水虫は白癬菌というカビが肌の角質層にまで入り込み、そこのタンパク質を栄養源としてどんどん増殖、肌を侵食していきます。その結果があのガサガサ、じゅくじゅくした水虫肌なのですね。

 

そんな水虫を治す為には、角質の奥深くにまで入り込んでしまった白癬菌を全て殺菌し、肌から排除しなければいけません。クリアフットヴェールが水虫に効くかは、水虫に有効な成分が入っているかどうかと同時に、肌の奥深くに入ってしまった白癬菌を肌の生まれ変わり(ターンオーバー)で外に排出するまで治療を根気強く続ける事が出来るかが非常に重要になってきます。

 

そして、水虫の人は日本中に沢山います。せっかく治っても、家族が水虫だったり、プールや銭湯等で再び水虫菌をもらってしまい、再発してしまう事もよくあります。治療が終わっても、予防を心がける事が大切です。

 

■クリアフットヴェールに水虫に有効な成分は入っているか?

 

公式サイトにてクリアフットヴェールの目玉成分を紹介しているので、その成分が水虫に対して有効であるのかを見て行きましょう。

 

@ 竹酢液
竹酢液(ちくさくえき)は竹からできる、植物性の液体です。
この竹酢液には悩みのタネの活動を抑え、肌リズムを覚醒させる働きがあります。 抑え込んだ悩みのタネをどんどん外へ外へと押し出していきます。(公式サイト引用)

 

水虫にはお酢だ!という考え方は、いわゆる民間療法、おばあちゃんの知恵袋的な物とお考え下さい。医療機関では酢は使わず、きちんとしたお薬を使用します。クリアフットヴェールは医薬品でも医薬部外品でもありませんから、弱い成分になるのは仕方がありません。その分肌には優しいかもしれません。効果が無かったらそれも無意味ですがね。
A サリチル酸
高い殺菌、抗菌力を持つが、刺激は強め。
クリアフットヴェールにおいては、サリチル酸が角質層を柔らかくし、角質の奥深くまで竹酢液を届かせる効果があるとしている。

 

主に竹酢液の効果を補助する為のものですね。竹酢液が水虫に効果があればこちらも有用となるかもしれません。「お酢で治った!」という体験談、探せばわんさか出てきます。これが本当なら、お酢に一定の効果があるのかもしれません。反対に、酢では治らなかった、皮膚がただれた、医者に「酢で水虫は治らない」と言われた等の情報もわんさか出てきます。参考にしてみて下さい。

 

市販の医薬品の水虫薬の成分を見てみると、医療用と同じ成分である「ブテナフィン塩酸塩」「テルビナフィン塩酸塩」等が主要成分として入っています。ただしその分、1ヶ月に数本使用せねばならず、お値段はやはり高めではあります。その為1本位使い切った後満足してしまい、完治する前にまた同じ状態に戻ってしまう人は多いみたいです。水虫の治療は白癬菌との根気比べですね。

 

■まとめ!

 

クリアフットヴェールは医薬品ではないので、主要の殺菌成分が医療用ではなく、あくまで民間療法的な物ですから、効果は期待しにくいと考えられます。強いお薬は使いたくないから、効果は分からなくても優しく治したい!という方にはいいかもしれませんね。

 

ただ、どちらにせよ1点だけ覚えておいて頂きたいのが、足のカサカサやゴワつき、かゆみを安易に水虫と素人が判断し、自己ケアを行うのはあまり良くないという事です。水虫に似た症状は皮膚炎や皮膚カンジタ、汗疱、湿疹等意外と沢山あるんです。専門家でも水虫かどうか判断するのは顕微鏡で検査しないと難しいと言われる位ですので、水虫でもないのにそういった対策グッズを安易に使用するのは少し考え物です。水虫対策を自己判断で行うのは、それなりにリスクを伴うものであると心得て下さいね。

クリアフットヴェールは全額返金保証付きです